投稿

日記

朝方まで起きていたが、また昼前に起きた。 ヒトは平均8時間寝たほうが良いという研究家の説もあるが、途中目が覚めて、寝つけなかった。 アプリで札幌と東京の天気情報に目を通す。この頃は大体それをする。あとコロナ感染者数の状況にも。 今日は兄弟のところに母からのプレゼントを届けに行く。徒歩でゆっくり小一時間。 そして買出しのお遣いをし、アーティストトークをし、その帰りに祖父母へのお遣いをするだろう。 老猫の固まってきた毛束もほぐしてやりたいところだ。巻爪にならないよう爪切りも。 この冬は祖父母宅のヒーターから水漏れし、カーペットを取り除いて床を拭くために、家具を大移動させた。某所で幾冬か鍛えた搬入術がこの身に残っていて冴えた。 2018年の地震の時といい、図ったようなタイミングで家族のもとに居合わせたものだ。 自慰が減った。興奮はすれども果てるまでは行かない。物事の中間課程に豊かな歩みが描かれる。 オスの生態としてシンプルに体内の大事なタンパク質という構成物質が排出されるというのは、甚大な疲労をもたらす。想い叶わず慰めるより、力をとっておき、想うもののための行動に充てたほうが、かなり効率的で建設的だ。 緊急事態宣言を鑑み延期した舞台は4月。無観客公演だが。それまで5月以降の自分の動きをシミュレートしたりと、人間、契機になるようなイベントを取り立てて意識しがちだけれど、実はこうした日常生活から全てのことが繋がっていて、更にその先自分という個を超えて世界、宇宙に繋がってるのだと思う。 その繋がりの上で生きるのに、味わうということ、吟楽が活きる。吟楽はひとをブーストする。 三浦勇太はもういない。だから三浦勇太としての繋がりはリセットして見てもらわなければならない。宇流がいる。 眠くなったので、小一時間寝る。 寝れなかった。 ヒトのあらゆる営為が生まれる前から在り、あらゆる営為が絶えたとしても在り続ける、いつもここにあるもの、 日本に限らないが、日本に土着の自然志向にも見られるそういうものが、あらゆることに耐え通用する、普遍的な伝統になるものだと思われるので。日本の文化を推すことがあってもナショナリズムとかそういうことではない。 それを集約したのが、味わうということ、吟楽。

ものの良さを見出す力

既にそこにあるものの良さを見出せることは、自分を幸せにする。 そしてそれは他者にも、そのものの良さを気付かせることに繋がる。 特には悪くないな、と思えているところにある良さ。 やれているということに秘められている意味や価値。 何かが気がかりだということの意味の大きさ。 つまるところ、この宇宙空間の歴史に、それがかたちを成していることの価値を見出すという力。 味わうことで。

埒外をおさめる

物体が時間の上で発する相対的な情報の収束率、その疎密の表れによって意思が伝わる、伝わってしまうんだよな。もののかたち然り。 そういう、嘘のつけない各存在の本当の姿から伝わるものが、その存在の道を規定しているな結局。 そういうことを生物としての自分の身体は脈々とやっている、やりたがっているのだけど、人間の自分の頭がそれをわかっていなかったりする。これまでそれが普通で。 養老天命反転地などは、現代の住環境を野生の野山の凹凸に配し、そこを往けば"わかっているかどうか"が立ち表れる。吟楽師の試験場としても使える位、そのことを分かって作られているという事が伝わってきて嬉しい稀有なる処だったな。ああいった規模とカジュアル感で形に残るものが出来たことは素晴らしい。 自分の頭で想像できない解を身体が持っている。そういうことを分かって自らの頭が無益な苦痛を生むことなかれと思う。 吟楽とはそんな頭を含めた身体を持つ人間という自分を乗りこなすためのツール文化と言える。

【告知】1月『吟楽 一矢』無観客公演に

予てよりご案内しておりました『吟楽 一矢』東京初演は 諸般の事情に鑑み無観客公演となりました。 尚、本番収録映像は追ってウェブ上にて公開予定となって おりますので、是非ご覧頂きたく存じます。 ー 『吟楽 一矢』"Gingaku ISSHI" あらゆる違いを飛び越え、皆の文化となれる鍵を求めて。 「吟味、味わうだけで心身は動いて繋がる」 宇流三浦の贈る記念碑的一作。 - 作・演出 宇流三浦   出演 宇流三浦   衣装 佐々木藍紗  環境音 目黒祥道   音響 戸村匡志   照明 佐藤友貴   撮影 田村康晴   収録 上石小夜   協力 萩田勝巳   製作 Universal Tradition https://www.uryumiura.com

イメージ
細道の奥にて結び 足掛け八年の転生劇 十万の行を越え、宿業に克ち、宿命につきて

口今

そこな方何処からお出でゆく人ぞ

平和という言葉と個人について

平和という言葉を多くの人が使うけれど、その奥行きを考えると皆の使う意味が簡単には共通しない言葉だと思い、 私の本質は変わらないにも関わらず前のブログタイトルから変わる一因にもなっている。 含意が簡単に共通しないから使わなくてもいいくらいなのではと思い。 平和の最終達成点を皆の心の充足と言うなら、 よく有事や平時といった見た目上わかりやすいところで、有事は平和ではないことが多いだろうが、平時たとえば戦争状態でなければ平和なのかというと、 戦争状態ではなくても日常のなかに、狭められたなかに地獄は存在し、それは平和とは言えないだろうし、そこからひいては戦争等の表面化したものにまた展開していったりする。 また平和というものについて私以上に本気で考えたことが無いにも関わらず、それぞれの挫折から平和は無理だと言ってしまうことが普通にある。 それは30年位本気で動いて考えてから言ってほしいですが。 たしかに、人間は変動するので恒久的な平和を保証するのは無理だろう。 だから必要なのは、なにかしらでずっと調和がとり続けられるということであり、平和というのは個人と世界との調和の集合体という流動的に成されるものと言えるでしょう。 こんなふうに考えてくると、平和という言葉に込められるイメージが人それぞれで異なりすぎるので、使わなくていいくらいだと思えてきて、代わりに「調和」などで良いのではないかと。 世界平和の代わりに世界調和など。まだ聞き馴染みがないけれど。 それでもって、大まかな調和をとるものとして政治的な次元の営みも必要だけれど、根本的には個人の営みからの調和が必要だと考えられるに至るわけです。 ここから私の、皆さん個人個人のための普遍的な伝統文化という調和の装置づくりが行われています。